忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/12/14 05:25 |
京都府槍道連盟












京都府槍道連盟は槍道、斧道の二道から成る。
槍道は槍の理法の修練による人間形成の道である。

【京都府槍道連盟】
TEL 090-9797-1729
mail 
dragonknightmituhiro@ezweb.ne.jp
dragonknightmituhiro@yahoo.co.jp

[風伝槍心会]
和歌山市のスポーツ施設(健康館・武道館・体育館)で稽古をしています。

【稽古場所】

◆片男波公園健康館◆
〒641-0022
和歌山県和歌山市和歌浦南3-1700-2
TEL:073-446-5553
FAX:073-446-5554

◆和歌山県立武道館◆
〒641-0024
和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1-22
TEL:073-444-6340
FAX:073-444-6344

◆和歌山県立体育館◆
〒640-8392
和歌山県和歌山市中之島2238
TEL:073-422-4108
FAX:073-422-4109

【稽古時間】
日 14:00~17:00(不定期)
*槍道や斧道の会員を募集しています♪
*槍道指導員を派遣しますので、安心して京都府で稽古できます♪
PR

2015/06/07 03:00 | Comments(0) | 未選択
受審資格


初段   一級受有者       満12歳以上
二段   初段受有後1年以上
三段   弐段受有後1年以上
四段   参段受有後2年以上
五段   四段受有後3年以上
六段   五段受有後4年以上
七段   六段受有後5年以上
八段   七段受有後10年以上   40歳以上
錬士   六段受有後1年を経過し、全槍連が推薦する者
教士   七段受有後2年を経過し、全槍連が推薦する者

☆審査資格については一部特例があります。
詳細は、(一社)全日本槍道連盟にお問い合わせください。


【審査要項】
日本槍道形(初段は7本目まで、二段は9本目まで、三段は11本目まで、四段は素槍11本・鎌槍4本、五段は素槍11本・鎌槍8本)の審査、続いて学科試験を実施する。
審査は、形・学科が同時に合格しなければ不合格となる。

2015/06/07 02:00 | Comments(0) | 未選択
学科試験について
1 段階の区分について
(1) 段階の区分は受審者の錬度層を考慮して、『初段~三段』『四段・五段』の二段階に区分した。
(2) 二段階の区分にあたっては、初段から三段までは『学習者の立場』『指導される側』、四・五段は『自ら進んで求める立場』にあると同時に、『指導者の立場』『指導する側』にあることを考慮した。

2 問題例の領域について多岐にわたる問題例を整理して、『知識』『理論』『実技』『日本槍道形』『試合』の五領域に枠組みした。

3 参考文献について
① 幼少年槍道指導要領
② 全日本槍道連盟槍道講習会資料
③ 日本槍道形解説書


   平成27年4月 京都府槍道連盟

2015/06/07 01:00 | Comments(0) | 未選択

| HOME |
忍者ブログ[PR]